トイレ掃除の魅力

私は実はトイレ掃除が大好き。

しかも、ブラシではなく、100均で売っている一番たくさん入っているスポンジを買ってきてゴシゴシと泡まみれになって手で磨くのが今のマイブームかもしれない。

え、トイレを手で?とぎょっとする人もいるかもしれないけれど、トイレブラシって使ったらケースに入れるだけでなんだかちょっと気持ちが悪いし、なによりどうしても奥まで届かない。
縁裏なんかは絶対不可能だ。

手とスポンジ、もしくは一番細かいヤスリなら、ざらざらしている部分もしっかりわかるからぴかぴかにできる。

終わったら、手は洗ってしまえばよいしスポンジもポイ。

狭いトイレなのでブラシを置くスペースも必要がなくなってすっきりできる。

最初こそ勇気がいるし、ざらざらとかトイレの周りの茶色いしみに「うへぇ」となるけれど、一度キレイにしてしまえばそれ以後はまったく気にならない。

残念ながら、よく言われる幸運は舞い込んでいないけれど、毎日問題なく普通に過ごせることが今の幸せかもしれない。

ピッカピカになったトイレは空気もキレイに見えるしやればやるだけ気持ちよくなるのが魅力で、一度やったらやめられなくなる。

終わった後はスタンプ式のジェルで汚れないように予防してあとはまた数日後。

うーん、気持ちいい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

日曜のショッピングモール

お休みの日に家の近くのクリーニング店に旦那のスーツを取りに行き、食材の買い物も近くのスーパーに行ったのだけど目当てのものが安くなかったので少し歩いてショッピングモールへ行きました。

目的はショッピングモール内のスーパーだったんですけど洋服や雑貨店は買わなくても見てるだけで楽しいものです。

そろそろ夏用布団が必要だねと旦那と話していたのでニトリに入ると夏用布団だけでなくクールな敷きパットなども揃っていてお値打ち価格なものが沢山。

全て買ってしまいたいけどかなりの大荷物になっちゃうので下見だけにして次回旦那を連れてきて車で運んでもらおうと思い店をでました。

ゆっくりブラブラしすぎてショッピングモールのグルメエリアには行列がちらほら出来始め日曜は人が溢れるなーと思いながら最初の目的を果たすためにスーパーへ。

食材を買ってトイレに入って鏡の前に立ったとき
(だれ?)と思うほど顔がのっぺりとした自分に気付きました。

近くしか行かないからとほぼ素っぴんで二時間ほどショッピングモールをうろついてしまっていました。

恥ずかしすぎる…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

シンプルな味が好き

私は凝ったものよりシンプルな物が好きだ。

梅干し茶漬けも好きだし、中華なら初めての店だと必ず炒飯。

カレーでも凝った具材が入ってなくてもいい。

人によっていろいろ隠し味を入れると思うのだけど。

リンゴはいいけど、バナナはやめてほしい。

あの口に入れた後の、ほあ~んとしたフルーティな感じ、あれはダメだわ。

以前母がカレーに入れたの知らなかったけど
「これ、なんか入れた?」でバナナが発覚。

バナナカレーは苦手だ。

でも、わりと食べている人も多いみたいだね。

ちなみに、ポテトサラダに入っててイヤなもの。

それは生玉ねぎ。

そもそも生玉ねぎが苦手なので、入っていたらまず食べられない。

玉ねぎは入っていないポテトサラダだとホッとする。

ちなみに、これまた母が入れてしまうものの1つ。

それは秋、ポテトサラダに柿をいれるのは苦手。

一緒に食べずに先に食べてしまう。

そういう意味ではリンゴも同じか。

リンゴや柿はそのままが1番なのに。

どうやらアクセントになるような味が、私はダメらしい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0