本の日焼けについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引越しをした際、大切な本もたくさん持っていきました。

しかし、時間が無かったのと友人に手伝ってもらったことがあり、私の本がどこにあるか分からない常態になってしまいました。

とにかく荷物が多すぎて見つからないので、端から片付けていくことにしました。

出てきたのは4日後で、何と車のトランクに乗ったままになっていました。

しかも最悪なことに、段ボールのフタは開いたままで本の背表紙が丸見えでした。

大切な本だったので、結構なショックでした。

4日間天気が良かったので見事に日焼けしてしまって、新品のようだったのが嘘みたいです。

友人には謝られましたが、私も確認しなかったので責めることも出来ません。

弁償するとも言われましたが、それは流石に申し訳ないし本が読めなくなった訳ではないので断りました。

もうなってしまったものは仕方無いので、気持ちを切り替えていこうと思います。

やりきれない感はありますが、これもいつか良い思い出になればいいなと思っています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。