見頃の花に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古風だけれど「立てばシャクヤク座ればボタン 歩く姿はゆりの花」という一節がありました。

身近で眺めることはないですが、可憐なピンクのシャクヤクもゆりの花も今くらいが見頃のようです。

シャクヤクは少し暑くなったころと思っていましたが、ゆりも。

「いずれアヤメかカキツバタ」なんていう言葉もありました。

そういう言葉のような奥ゆかしい女性はそんなにいないようではあるけれど、花を眺めるのはいいものである。

さくら、シバザクラ、ツツジとかレジャースポットというのが各地で四季折々でありますし。

花をめでるだけでなく、ゆりっていうのはゆり根を天ぷらにしても美味しくいただけるもの。

純日本風の品種なら古風で地味っぽい雰囲気、あの凛とした姿から根っこの部分をお料理するなんてイメージ的にギャップですね。

アヤメや花菖蒲、ゆりのような姿で歩き、心持ちや内面もそんな感じでいたいものです。

見頃もあとわずか、本格的な夏となればどんな花があるでしょうね。真夏の浅草 ホットヨガもなかなかいいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*